IPythonデータサイエンスクックブック オンライン読書会#11

2016-06-04(土)21:00 - 22:30
塩見登志和 kmt_t (実際ぱっぱらぱー) 坂本寛 skwbc 阪本さん 藤田 river24 driller 大橋宏正 + 2人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

IPythonデータサイエンスクックブック オンライン読書会#11

IPythonデータサイエンスクックブックのオンライン読書会第十一回目を6/4(土)の21:00-22:30に開催します(土曜日の夜に定期開催)。

オンライン読書会ということでskypeを使って会話しつつ本を読み、随時slackを使ってコードを共有します。
skypeグループのURLにアクセスすると会話に参加することができますので、参加する方はこのイベントに登録の上、時間までに参加しておいていただければと思います。
また、初めて参加されるかたは参加登録時のアンケートにslack登録用のemailアドレスを書いていただければグループに招待いたします。

内容

前回は5章のレシピ5.4まで読んだので、今回は5.5から始めます。5章はハイパフォーマンスコンピューティングということですので興味ある方はぜひご参加いただければと思います。
なお各レシピを時間内で読めるだけ読むという形式で行っておりますので今回は5.7ぐらいまでできれば良いかと思っております。

5章 ハイパフォーマンスコンピューティング

  • (レシピ 5.4 Cythonによる高速化)(終了)
  • レシピ 5.5より多くのCコードを使ったCythonコードの最適化
  • レシピ 5.6 CythonやOpenMPでマルチコアプロセッサの利点を生かすためのGIL解放
  • レシピ 5.7 CUDAとNVIDIAグラフィックカード( GPU)による、高並列化コード
  • レシピ 5.8 OpenCLによるヘテロジニアス環境での高並列化コード
  • レシピ 5.9 IPythonによるPythonコードのマルチコア分散実行
  • レシピ 5.10 IPython非同期タスクの操作方法
  • レシピ 5.11 MPIを使ったIPythonの並列実行
  • レシピ 5.12 notebookとJulia言語

諸注意

  • jupyter notebookの環境構築はできるかぎり予め各自で済ませてください(anacondaを使うのがオススメです)。できてない場合でも参加いただければサポートできるかもしれません。
  • 本にも記載がありますがここから全レシピのコードと参考資料へのリンクが取得できますので予めcloneしておくと良いかと思います。

ご興味のある方、ぜひご参加をお願いします。

コミュニティについて
大阪PRML読書会

大阪PRML読書会

大阪PRML読書会へようこそ 黄色本で有名なChristopher M. BishopのPRML(Pattern Recognition and Machine Learning)の読書会を大阪で開催したいと思います。輪講形式で進めて行く予定ですが、資料作成は希望者で回して行きますので聴講のみの方も大歓迎です。 目標 読書会を通じて以下の様なことを勉強していきたいと思います。 パタ...

メンバーになる